0120-86-3870

営業時間 9:00〜17:30(土・日・祝定休)

お問い合わせ

運営事例

初期投資がかからない。土地を選ばず、田舎の空き地でも有効利用できる。コンテナタイプのトランクルームだからこそ可能な土地活用を、実際の運営事例で紹介します。新たな土地活用法として脚光を浴びているトランクルームの魅力を感じ取ってください。

契約物件

新時代の土地活用・コンテナ運営!新規契約ぞくぞく増加中!!
土地の特徴に合わせて有効利用を、最新の事例を通じて紹介します。

Before 建物 変形地 駅から遠い

掲載日:2017年11月08日

ハローストレージ練馬関町パート2(関町南・立野)

http://www.hello-storage.com/tokyo/nerimaku/detail/5783/

敷地面積 約120坪
所在地 練馬区関町北3丁目2-7

老朽化した家屋を解体し、トランクルームで活用!

営業の声

駅から遠く、間口が狭いため、駐車場にするには効率の悪い土地でした。コンテナを上手く配置し、オーナー様の希望に沿ったご提案をすることで、契約に至りました。オープン後の稼働率も非常に好調で、営業マンとして大変嬉しく思います。

敷地面積 約70坪
所在地 板橋区東坂下1-8-10

月極駐車場からの切り替えで収益性アップ!

営業の声

月極駐車場を運営されておりましたが、トランクルームの方が収益性が高く、安定した収入源として有効とご判断いただき、成約に至りました。近隣にトランクルームが少ないエリアであり、オープン後の申し込み状況も順調です。

Before 建物 駅から遠い

掲載日:2017年11月08日

ハローストレージ町田相原町(北橋本)

http://www.hello-storage.com/tokyo/machidashi/detail/5775/

敷地面積 約220坪
所在地 町田市相原町90

老朽化した家屋を解体し、トランクルームで活用!

営業の声

家屋が老朽化し、強風の日には屋根の一部が破損するなど、大変困っておりました。
日々の管理の手間がなく、初期費用のかからない弊社の事業に共感いただき、ご契約いただきました。

Before 工場 駅から遠い

掲載日:2017年08月10日

ハローストレージ川口鳩ヶ谷パート2(里)

http://www.hello-storage.com/saitama/kawaguchishi/detail/5757.html

敷地面積 116坪
所在地 埼玉県川口市大字里1190

買い手がつかなかった土地を貸地で有効活用!

営業の声

工場の縮小計画で余った土地を売却予定でしたが、買い手がつかずに地主様は悩んでいました。そこで貸地として募集したところ、弊社の提案に地主様がご賛同いただき成約に至ることができました。

Before 駐車場 駅から遠い

掲載日:2017年08月10日

ハローストレージ三浦海岸(菊名海水浴場)

http://www.hello-storage.com/kanagawa/miurashi/detail/5476.html

敷地面積 159坪
所在地 神奈川県三浦市南下浦町上宮田3485

長期安定収入を実現!

営業の声

地主様を毎月のようにお伺いをさせて頂き、お話しをする中で、月極駐車場の収入が安定しないことに困っているというお話しをお聞きしました。解決策として、長期で安定収入が得られるトランクルームでの土地活用をご提案し、素晴らしい物件をオープンすることができました。

まずはお気軽にご相談ください

0120-86-3870

営業時間 9:00〜17:30(土・日・祝定休)

お問い合わせ

オーナー様の声

都心から田舎の遠隔地まで、
土地をコンテナ運営で有効活用したオーナー様の声をお届けします。

Owner's Voice vol.2 掲載日:2013年05月20日

Before 更地

誰よりも効果を考え提案を繰り返す

敷地面積
所在地 埼玉県三郷市高州2-363

鶴岡 英俊様

ココが決め手!

初めて並木さんとお会いしたのは、寒さ厳しい昨年のクリスマス頃。ちょうど、近隣の小学校の貸し農園にしていた土地の活用を検討していました。駐車場は飽和状態になってしまっているし…と思っていたところに、並木さんがやってきたんです。第一印象から、気さくで誠実そうだなと感じましたね。以前にもストレージ事業を検討していたのに加え、

「家の荷物は増えるばかり」「収納スペースがほしい」という周囲の声もあり、本格的に話を進めていくことになりました。コンテナボックスはやはり見た目のインパクトが大事。『ハローストレージ』は、明るいオレンジとネイビーが遠くからも目立つのがいいですね。コンテナの配置変更や施工業者の調整などもありましたが、並木さんが地域特性やユーザーの目線を考慮した提案を繰り返し、最適なかたちで事業を始められるように精一杯努力してくれたのが印象的でした。そして、桜が満開の春を迎え、この4月からレンタルが始まっています。ストレージ事業は地域に密着し、住民の生活に役立つ事業。まだスタートしたばかりですが、これからも並木さんと良い関係を築きながら、他の土地でもストレージ事業を展開できればと思っています。

記事をよむ

このページの先頭へ